mr.dog ブログ

ペディグリーアワード受賞犬ブリーダー
2018.04.10



この度Mr.dogは、セントバーナード専門ブリーダーとして2017年度ペディグリーアワード受賞犬ブリーダーの賞を頂きました。
とても名誉な事で感激しております。

ペディグリーアワード受賞犬とは、ドックショーでチャンピオン犬に選ばれ、そのチャンピオンの中から要件を満たした犬だけがペディグリーアワード受賞犬となる本当に道のりが遠い賞です。
少しだけ、皆さんにドックショーのことを知っていただきたいので、ご説明させて頂きます。
ドックショーというものは純粋犬種の見本展示会のようなもので出陳犬が各犬種に定められた理想像(スタンダード)にどれほど近いかを審査する品評会です。なので犬種ごとに理想像を定めたスタンダードを基準にして下記の6点を審査しています。

1、タイプ(犬種ごとの特色)
2、クオリティー(犬質の充実度や洗練度)
3、サウンドネスト(精神的・肉体的な健全性)
4、バランス(全体の調和)
5、コンディション(健康状態、精神状態)
6、キャラクター(魅力、マナー)

少しだけ、さわり程度ですがドックショーの基準をご理解いただけたでしょうか?
ドックショーは単純に美しい犬を決めるコンテストではないのです。理想犬(スタンダート)に近いイヌを評価するとともに、ブリーダーの繁殖方法の正しさを評価する場でもあるのです。
そしてチャンピオン犬となるためには、1度の入賞ではなれませんl。ショーである程度以上の成績を収めると付与されるカードを合計4枚獲得しなければいけないのです。ここまででも道のりは遠いですが、ペディグリーアワード受賞犬は全チャンピオンシップショーを対象とし、ポイント制として各犬種のオス・メスごとに集計をされます。
そして2回以上の入賞を必要とし、うち1回は必ず2頭以上から選出されたBOB・BD・BBの入賞が必要で年間ポイントが最低10ポイント以上のオス・メス各1頭を表彰対象となるのです。本当に険しく長い道のりです。

ミスタードック では毎年、当犬舎の犬だけではなく、お客様に可愛がられ大切に育てられた犬たちもペディグリーアワード受賞犬となっているため、その功績を称えられセントバーナードのブリーダーとしてペディグリーアワード受賞犬ブリーダーとして賞をいただきました。セントバーナードブリーダーとして日本一の称号をいただいたのですから本当に名誉なことです。
私だけの力ではなく皆様の協力とご指導、ご愛顧を賜り尽力を頂けたからこそ受賞できたのだと、心より感謝しております。
これからも力の限り良い繁殖をしていきたいと心あらたに邁進していきますので宜しくお願いたします。

< 次の記事へ | mr.dog ブログのTOPに戻る | 前の記事へ >

Copyright © mr.dog All Rights Reserved.

Go Top